季節の変わり目に要注意!ゆらぎ肌の対処法

夏から秋に向けて、乾燥対策は大丈夫?

紫外線対策に奔走した夏から、過ごしやすい秋になると、突然肌の調子が悪くなるということはありませんか。日差しもやわらぎ、もう日焼け止めはいいかな…と思うのは実は間違いなのです。そして、秋は過ごしやすいようで徐々に乾燥がやってくる季節。夏のダメージを回復しきれないまま乾燥の影響を受けてしまうと、肌はさらにダメージを重ねてしまうのです。

ゆらぎ肌って何?普段と違う症状が出たら要注意!

普段は特に肌トラブルとは無縁なのに、季節の変わり目になると調子が落ちてしまう、という状態がゆらぎ肌です。たとえば、ニキビができやすくなったり、肌がかさついたり、普段使っている化粧水がピリピリしたりと、様々な症状があります。そんな時、どんな対策をしたらよいのでしょうか。

もしも肌にピリっとした痛みを感じるようなことがあれば、普段のスキンケアをちょっとお休みしてみましょう。ピリッとした痛みは、蓄積したダメージに肌が悲鳴を上げている状態。そこに化粧水などを塗り込んでも、肌は休む暇もありません。特に洗顔のときにゴシゴシとこするのは避けましょう。ぬるま湯でやさしく洗顔してください。そして最低限の保湿として、肌に合うクリームを使ってみましょう。もし、肌を休めても赤みやただれがひどい時は、皮膚科で診察を受けることも考えておいてくださいね。

ゆらぐ季節を見極めよう!

日差しや乾燥に変化がある夏から秋の変わり目のゆらぎ肌対策について述べてきましたが、もちろん冬から春にかけてもゆらぎ肌になりがちです。自分の肌がどの時期に変わりがちなのか、いつもチェックしてみてください。そうすれば、事前に対策もとれて悩むこともなくなります。また、もしなったとしても、季節ごとの対策をもっていれば、回復も早いですよ。

品川美容外科の裁判について詳しく