エモーショナルイーティングを改善してダイエット!

エモーショナルイーティングとは?

エモーショナルイーティングとは、お腹が空いていないのに何かを食べたくなって食べてしまうことをいいます。本物の空腹感は、徐々に襲ってくるものです。しかし、エモーショナルイーティングの場合は空腹感が徐々に出てくるのではなく突然出てきます。そして、食べたくなるものも決まっているのです。エモーショナルイーティングの場合は甘いお菓子や菓子パン、ファストフードなどの味の濃いものを欲する傾向にあります。
通常の空腹感であれば、満腹になれば満足します。しかし、エモーショナルイーティングによって食事をすると、食べても食べても満足しないのです。また、食べた後に必ずといっていいほど罪悪感を覚えたり、後悔したりしてしまうのです。

どうすれば改善出来るの?

エモーショナルイーティングはストレスが大きく関わっています。ストレスを感じると何かを食べたくなって食べてしまうのです。そのため、エモーショナルイーティングを起こさせないためには、ストレスを食べる以外の方法で解消することが望ましいのです。
お腹が空いていないのに何かを食べたくなったときは、とにかく数分間待ってみましょう。食べることが習慣になっているため、その習慣を断ち切る必要があるのです。深呼吸をして、本当に食べたいのかどうかを自問自答すると気持ちがだんだん落ち着くはずです。始めは、数分間待っても気持ちが落ち着かず食べてしまうこともあるかもしれません。焦らずに少しずつ待つ時間を長くしていきましょう。食べてしまったことに罪悪感を抱くと、それがストレスとなり悪循環になってしまいます。

品川美容外科の告訴について調べる